おすすめの電動鼻水吸引器の特徴

耳鼻科に行くほどではないけれど、鼻水がつまってでてこない・鼻水が垂れるといった症状に困ったときに活躍するのが電動鼻水吸引器です。耳鼻科で使用するような専門的な機械と同じスペックではありませんが、ただ鼻をかみ続けることで耳を傷つける・鼻周りが赤くなるなどといったことを予防でき、瞬時に吸い出すことが可能なのがメリットのひとつです。また中耳炎にかかりやすい乳児や幼児・要介護の高齢者にも自宅で簡単に使用できるのもうれしいポイントです。市販されている電動鼻水吸引器には様々な特徴があり、自分にあったタイプものを選ぶことが重要になります。体質や鼻の形状、年齢や使用する家族構成などを元に、使用しやすくメンテナンスしやすい製品を購入するようにしましょう。

使いやすい電動鼻水吸引器の特徴

使用しやすい電動鼻水吸引器の特徴はいくつかあります。鼻の中に密着させたり、吸引したものが様々なパーツに付着するので、パーツが分解できしっかり洗浄や消毒が出来るものが望ましいです。吸引した鼻水にはウイルスや病原菌がふくまれているので、付着したまま別の家族が使用することで感染してしまうこともあるからです。哺乳瓶をつける薬液や漂白剤・消毒液などが使用できるとお手入れ後安心して使用できます。また鼻に入れるノズルの部分があまり大きくないことやノズルがいくつかあり使い分けが可能であることもポイントです。適度にやわらかくコシがある素材のほうがしっかり吸引でき、万が一、破損した場合も使用中の怪我などを避けることができたり、衛生面でも消毒などがしっかりできるのでおすすめです。

置き形タイプとハンディタイプ。

電動吸引器は大きく分けて、置き形タイプとハンディタイプが存在します。置き形はパワー調整の機能がついている場合が多く、またノズルなどのパーツに鼻水が付着しないように、使うたびに水を吸引する仕様が推奨される為にタンクが大きめといった特徴があげられます。全体的にコンパクトではありますが、持ち運びするには重くかさばります。ハンディタイプは手に収まる大きさと軽さが特徴で、バッグなどにも入るので持ち運びが出来るのがメリットといえます。お出かけ先や帰省先でも使い慣れたアイテムが使用できる安心感がありますが、置き形に比べるとパワーは比較的弱めで、粘り気の強い鼻水や吸引した鼻水を収めておくタンクは小さいので、大量には吸出しができません。こまめに分解して洗浄して使用するなどの工夫が必要です。それぞれのメリットやデメリットを考慮して購入する必要があります。

コールセンターは平日9:00~18:00までです。 鼻水吸引により赤ちゃんがぐっすり安心して眠りにつくこともできます。通院もしなくてよくなります。 子育てで忙しいと特に働くママさんからのお問い合わせが増えておりますが、どなたでも簡単に使用できます。 多くのママタレントさんも愛用している電動鼻水吸引器です。是非、メルシーポットをお買い求めください。しっかり鼻水吸引ができので赤ちゃんもすっきりです! お手入れも簡単な電動鼻水吸引器はこちら