人気が高い電動鼻水吸引器の特徴

電動鼻水吸引器は、手動の吸引器よりも吸引力が強く、コツを掴めば粘り気がある鼻水も排出しやすいのが特徴です。鼻水が上手くかめない乳幼児や学童期の子供だけでなく、蓄膿症や鼻炎に悩む大人まで利用することが可能です。家族で使う場合には、ウィルス感染を防ぐためにそれぞれにあったチューブやカテーテルを別途に用意する必要があります。また、使う度にアルコールでの消毒や煮沸消毒をしたり、定期的に専用の洗浄剤を使い、細部まで浸け置き除菌したりすると、風邪やインフルエンザが流行している時でも安心でしょう。吸引器には2種類あり、帰省先や旅行先でも気軽に使える持ち運び式と、主に自宅で使う据え置き式があります。モーターを動かすために、電池式とコードに繋ぐタイプがあります。持ち運び式は電池を使うことが多く、据え置き式はプラグから電力を供給して使うタイプがほとんどです。

持ち運び式の鼻水吸引器の特徴と注意

持ち運び式の電動鼻水吸引器は、小型でバッグの中に入れられるので、軽くて持ちやすいのが特徴です。キャップが付いているので、バッグの中で汚れが付くこともありません。スイッチを押せば、すぐに使えるため、電池さえ用意しておけば気楽に使うことができます。赤ちゃんや小さい子供の鼻水を吸引する際に、寝かせた状態でできますし、人が多い場所や夜間でも音が小さめなので、迷惑をかける心配もありません。ただし、電池が少なくなってくると吸引力が落ちることがあります。こまめに使う場合は、替えの電池を用意しなくてはいけないので、面倒に感じることもあるでしょう。また、吸引力が1つしか選べない物もありますし、多くても2段階で強弱を変えるのみとなりますので、膿がたまったような粘り気の強い鼻水は吸引しにくいこともあるでしょう。

粘り気が強い鼻水なら据え置き式の吸引器の検討を

据え置き式の電動鼻水吸引器の選ぶといいのは、持ち運び式で鼻水が排出しきれない場合です。大人が使うにも、専用のノズルやチューブがないので、据え置き式が適しています。吸引力が強くすることも可能ですし、非常に弱く設定もでき、幅広く対応出来るでしょう。パーツは、鼻水を貯めておく瓶やチューブ、吸引しやすいように付けるノズルやカテーテルです。近年では強化プラスチックやシリコンチューブやノズル等を使う製品が増えていて、扱いやすい電動鼻水吸引器が増えています。それぞれのパーツは取り外して消毒でき、衛生上安心して扱えます。直接鼻に入れるノズルやカテーテルは、一定期間使ったら取り換えられます。非常に細い物もありますし、小さい子供用にオリーブ型になっている物もあるため、間違って粘膜を傷つけないように配慮されている物もあります。