電動鼻水吸引器を購入する時は何に気を付けたら良いのか

まだ鼻をかめない赤ちゃんが鼻水で苦しがっていては困ります。また、大人でも鼻水がよく出る人は多いでしょう。花粉症で、花粉が飛散されるピーク時は鼻水でかなり苦労している人もいるはずです。このような人にぴったりな電動鼻水吸引器を買ってみませんか。しかし、そもそもどんなものかも知らない人もいるかもしれません。その名の通りで、電動で鼻水を吸引してくれます。吸引力をコントロールできる機種もあります。だから、赤ちゃんや自分がよく苦労している鼻水を思い浮かべてから購入したほうが良いでしょう。鼻水と言っても粘度に違いがあります。花粉症などは水のようにサラサラしている鼻水が流れます。しかし、風邪をこじらせた時は粘り気のある鼻水が出るのでこの点を考えて選んでください。

吸引力はコントロールできた方が良い

今では、種類も多くなっている電動鼻水吸引器ですから、吸引力をコントロールできる方が使いやすいかもしれません。水のようにサラサラしている鼻水が出たときは弱い吸引力で十分です。花粉症が発症する時期によく使うことを想定している人なら、弱い吸引力だけで十分かもしれません。しかし、多くの人が必ずしも同じ粘度の鼻水が出るとは限らないでしょう。花粉症の時期はサラサラした鼻水だとしても、風邪をひいた時は粘り気のある鼻水が多いこともあるはずです。すると、吸引力がコントロールできないと使い勝手が悪くなります。その時々の鼻水に応じて吸引力がコントロールできると、どんな時期でも使えて便利です。普段は水っぽい鼻水しか出ない人も万が一のことを考えて吸引力がコントロールできる機種にしてみませんか。

メンテナンスしやすいかどうかもポイント

鼻水を吸引するので、いつもきれいな状態にしておかないといけません。つまり、メンテナンスしやすいかどうかを考えて購入してください。ハンディタイプの場合は洗いやすい機種が多いですが、据え置き型を選ぶ時は気を付けてください。洗いにくい機種もあるでしょう。最近は、洗える部分を取って清潔を保てるようにしている据え置き型もあります。このような機種を選べば、メンテナンスしやすいですし、常に清潔を保てます。以上をポイントに電動鼻水吸引器を選べば、買ってから失敗したと思わずに済むでしょう。鼻水は軽く見る人もいますが、決して軽く見ないでください。鼻水で苦労することもあります。また、鼻がかめない赤ちゃんにとってはとても重要なものですから、赤ちゃんを楽にするためにも慎重に選んでください。