電動鼻水吸引器を選ぶ時のポイント

赤ちゃんや、まだ鼻を上手にかめない子供が、風邪をひいて鼻水をジュルジュルさせている光景はなんともかわいそうなものです。さらに鼻がつまってしまうと苦しそうな表情をすることもあるでしょう。しかし赤ちゃんや小さな子供は鼻を上手にかむことができないので、大人が拭いてあげたり、あまりにもひどい場合には、小児科や耳鼻科で吸引してもらうしかありません。こんな時に、家にあると重宝するものが鼻水吸引器です。鼻水をそのままの状態にしてしまうと、中耳炎に発展してしまう可能性もあるので、鼻水吸引器があれば自宅でもしっかりとケアをすることができます。鼻水吸引器は主に殿堂と手動に分けられます。電動鼻水吸引器の方が、主導のものに比べると二次感染のリスクも下がり、吸引力が高いものが多いので、鼻水がしっかりと吸いとれて、気持ちもよくなるでしょう。

実家や外出などで持ち運びが必要な場合には

電動鼻水吸引器は大きく分けると、持ち運びができるタイプと、据え置きタイプの二つの種類に分けられます。どちらにもメリットとデメリットが存在するので、使う人や生活環境に合わせて選ぶと良いでしょう。まずは持ち運びができるタイプです。実家に帰省することが多い人や、外出先でも使用することが多い場合には、持ち運びができるコンパクトなタイプの電動鼻水吸引器を選ぶと良いでしょう。持ち運びのしやすさを優先的に考えた商品も販売されているので、外出先でも手軽に使うことができます。電池が入っていれば、どこでも吸引することができるので、毎日の外出や旅行先まで、どのようなシチュエーションにも対応でき、便利に使用することができるでしょう。デメリットとしては、据え置きタイプよりも、やや吸引力が劣るということです。

据え置きタイプは吸引力に優れています

据え置きタイプのメリットは、なんといっても吸引力に優れているという点です。鼻水をしっかりと吸引してあげたいと考える人には、こちらのタイプがおすすめと言えます。しかし反対に、パワーが強いので、吸引する際の音もそれだけ大きくなります。そのため、音に驚いて赤ちゃんがびっくりして泣き出してえしまったり、寝ている時に使用すると、他の寝ている家族を起こしてしまう可能性もあります。据え置きタイプのものとしては、医療機器としても実績のあるポンプが搭載されているものや、お手入れが簡単なものなど、様々な機能がついているものも多く販売されています。様々な種類の中から選ぶのは、なかなか難しいことですが、なにを一番重視するのかを考えて、それに見合ったものを選ぶとよいでしょう。