徹底解析!アパート投資ノウハウ集

top > アパートの投資情報 > アパートに投資するなら代行費用は必要

アパートに投資するなら代行費用は必要

 アパートに投資する場合、基本的には家賃収入を得ていく事になります。
物件に住んでくれる方を募って、家賃を回収して利益を得ていくのが一般的です。
ただ問題点が1つあって、その家賃を回収する手間です。
誰かが入居してくれた場合は、家賃を支払ってもらう訳ですが、たまに家賃が滞納される事があります。
その場合は、アパートのオーナー本人が家賃を回収する方法もあります。
しかし家賃を回収するのは、少々大変です。
居住者によっては、なかなか難しい事もあるからです。
このためアパートに投資する際に、家賃回収の代行サービスが活用されるケースも、しばしばあります。
専門家に、家賃の回収を任せてもらう事になります。
費用はかかりますが、オーナーが自分で家賃を回収するのも大変ですし、活用している方は多いです。

 ところで不動産物件には、経年劣化があります。
例えばある物件を購入した時期は、西暦2000年だったとします。
そして月日がしばらく経過し、2030年になりました。
30年も月日が経過したので、建物の色々な箇所が古くなっています。
建物の設備も古くなっていて、動作も微妙な状態です。
建物が古くなっていれば、排水管からの水漏れも懸念されます。
つまり建物が老朽化すれば、様々なトラブルが起こり得る訳です。
トラブルを防止する為に、常に建物を管理する必要があります。
定期的に建物のメンテナンスも行う必要がありますし、様々な点検も必要です。
しかしオーナー本人が建物を管理するのも、少々大変です。
アパートの設備や水回りに関する知識も必要ですし、なかなか管理しきれない事もあります。

 しかしアパートの管理は、業者に代行してもらう事もできます。
物件管理の専門知識がある業者に、メンテナンスなどを任せる訳です。
業者に任せる以上は、費用も支払う事になります。
しかし自分で管理する手間を考慮して、専門業者に代行を依頼している方は多いです。
すなわちアパートに投資する時には、様々な代行サービスを利用する事になる訳です。
オーナー1人で管理や回収するのも大変ですし、費用を支払ってでも代行を依頼している方も多いです。
このため物件に投資するなら、代行費用も準備しておく必要があります。
投資に必要なお金は、アパート購入の費用だけではありません。
様々な代行費用もありますから、注意が必要です。
なお代行費用は、基本的には家賃の5%目安になります。
賃料が毎月6万円なら、代行費は3000円という事になります。

次の記事へ

TOPへ