徹底解析!アパート投資ノウハウ集

top > アパートの投資情報 > アパートへの投資で老後に備える

アパートへの投資で老後に備える

 老後になれば、年金は入ってきます。
現にサラリーマンの方々は、ほぼ毎月年金は支払っています。
しかしその年金に関して、不安を覚えている方々も多いです。
確かに老後になればお金は入ってきますが、十分な金額でない事もあるからです。
そもそも年金といっても、色々な種類があります。
年金のタイプによっては、必ずしも十分なお金が入ってくるとは限りません。
ですから老後に関して不安を覚えている方々も多いです。
その場合、アパートに投資をする選択肢もあります。
リスクもある方法ですが、利回りの数字は比較的高めですから、年金対策として検討している方々も少なくありません。
アパートに対する投資は、基本的には家賃収入を得ていく事になります。
一旦はアパートを買って、誰かが入居してくれれば、家賃収入を得られる訳です。

 年金の金額はどれくらいになるかというと、人によっては月10万円台になる事もあります。
年金にも色々なタイプがありますが、いわゆる自営業者が加入している年金ですと、10万円台になってしまう事も多いです。
会社員の場合は、もう少し多くの金額を受け取れる傾向があります。
ですが、それでも十分な金額にならない事も多いです。
アパートに対する投資は、それを補う目的があります。
一旦はアパート物件を買って、毎月7万円の家賃収入があれば、上述の年金額に上乗せする事もできます。
ただし物件投資は、リスクはあります。
入居率が低い状態ですと、肝心の家賃収入が入ってきません。
しかし、それもアパート経営の状況次第です。
経営が順調なら、安定的な収入を確保できる訳ですから、検討してみる価値はあります。

 また退職する時期が近いサラリーマンも、物件投資を検討している事もあります。
正社員として働き続ければ、定年退職になる時には、会社から退職金も支給される訳です。
その退職金を使って、運用していく選択肢もあります。
退職金の一部を使ってアパート物件を買い、家賃収入を得ていく訳です。
退職金を頭金として活用すれば、ローンの審査にも通りやすくなります。
まして退職後に支給される年金は、十分な金額でない事もあります。
しかしアパート経営をすれば、年金だけでなく家賃収入も入ってくる訳です。
ですから退職する数年前から、物件投資を検討しているサラリーマンも多いです。
すなわちアパートは、「老後の生活」の為に活用される事もある訳です。
実際アパートの経営が上手く行けば、老後の生活が楽になる事も多いですし、検討している方も多いです。

次の記事へ

TOPへ