徹底解析!アパート投資ノウハウ集

top > アパートの投資情報 > アパート投資のメリットとデメリット

アパート投資のメリットとデメリット

 アパート投資は、1室を買い入れるマンション投資とは違い、1棟を買い入れる投資方法であることから、自分の意見を建物へと反映できるというメリットがあります。
いろいろな入居者からの住居の家賃収入が期待できるなどメリットも非常に多いです。
アパート経営に取り組む上で、現在の需要に合わせた物件作りであるとか、利回りなどについても熟知しておくことが求められます。
また、マンションに因る投資は、マンションの1室を取得して資金投入する方法で、臨機応変に部屋数を積み上げることができるのが特色です。
一方でアパート投資は、1棟を購入するアプローチであり、国内では、いくつもの建物を保持しているアパート投資家もよく見られます。
利回りに関しても相違しており、マンション投資は取り扱う物件が1室だけなので空室による収入無しのリスクもありますが、アパート投資は1棟なのでリスク分散できます。

 新築のアパートを建築するなら、自らが物件の間取り、あるいは設備を決めることができるという利点があります。
建築する地域によってはいろいろな制約を受けることもありますが、そんなときでもフレキシブルに応じられるので問題なくクリアできるのもアドバンテージです。
時代により入居者が求めている物は変わってしまいますが、現在の需要にふさわしい物件を建築することができることから、入居者を集め易いという利点もあります。
また、低コストが魅力的なアパートであっても、新築という意味で非常に高い家賃設定が可能です。
また、1室を入手してマネージメントするマンション投資は、新たな形で設備投資を行ったり、修繕が求められる時にマンション管理をしている人の許可が入用になるケースがあります。
それに対して、アパート経営なら、所有権が自分自身にあるため、修繕もしくは設備投資にあたって自らが決められます。

 アパート投資による留意すべき点の1つに空室のトラブルがあります。
不動産投資は住居の家賃による収入がベースとなるため、空室が多いならその分だけ収入も減ります。
ローンを設定している場合は、収入減により返済そのものが困難になる場合も少なくないことから留意することが大切です。
一般的に考えて空室となる原因は、利便性並びに間取り、さらに設備の不足などが背景として挙げられる。
その結果、その点をしっかりと考えることで回避することはできます。
また老朽化に影響を受ける建て替えの留意すべき点も見受けられます。
マンション投資が1室の入手に対して、アパート投資は1棟を手に入れるケースが非常に多いです。
年月を積み重ねることで建物自体が老朽化し、結果的に物件の魅力が下がってしまうことも考えられます。
そうなった時に住居の家賃の値下げに取り組むか、建物自体を建て替えるという選択を迫られます。

次の記事へ

TOPへ