徹底解析!アパート投資ノウハウ集

top > アパートの投資情報 > アパート経営に投資する主なメリット

アパート経営に投資する主なメリット

 投資にも色々ありますが、投資信託もしくは株式での資産運用に関してはハイリスクハイリターンと言えます。
一方、アパート経営の投資の場合、原則として土地及び物件がある限り資産価値が尽きるという可能性は低く、数十年にもわたってブレルことがない収益を獲得できるローリスクロングリターンになります。
アパート経営は、月ごとの家賃収入を得られることを通してキャッシュフローが確保出来るというアドバンテージがあります。
加えて、生命保険の代わりになると言えます。
団体信用生命保険は、ローンを設定する際に契約する保険です。
ローン返済中に不慮の事態が生じても返済者に代わり、保険会社が返済を実施します。
収益不動産のローンに関しても、こちらの保険が認められるものがあり、生命保険代わりの形での働きがあります。

 アパート経営となりますと、土地を保有している方が取り組む資産運用のメソッドという印象があるかもしれませんが、将来のための資産づくりとしても昨日します。
銀行サイドからの借り入れにより土地及び建物を買って、住居の家賃収からローン返済できますが、完済した後は土地も建物も全部が無担保の資産ということになります。
ほかにも、年金対策に繋がります。
個人年金保険のケースでは、60歳もしくは65歳といった受領年齢に到達するまでは保険料を支払い続けることになります。
そして、その間収益を得ることができません。
それに対して、不動産経営に関しては、返済が残存していても住居の家賃収入で返済することができ、資金計画をしっかりと立てておけば一カ月ごとに僅かずつでも利益をえられます。

 インフレーションに力を発揮するメリットもあります。
資本主義経済においてのオーソドックスな物価上昇率は一年あたり2から4%と考えられ、超インフレになれば10%オーバーも考慮しなければいけません。
こうしたインフレーションが見られた場合、現金、あるいは預貯金といった金融資産は貨幣価値が目減りすることが想定されます。
それに対して不動産投資でしたら、物価上昇と並行して不動産価格も高くなっていくため、資産価値が大きく下落することは考えづらく、住居の家賃も引き上がっていくことが考えられます。
従って、不動産投資につきましては景気変動に力を発揮すると言われています。
ほかにも、レバレッジに因るコストパフォーマンスの良さがあります。
不動産投資の魅了される1つにレバレッジがあるとされています。
不動産投資は信用力を有効活用し、金融機関サイドから融資を受け、巨額なお金を動かすことができます。

次の記事へ

TOPへ