徹底解析!アパート投資ノウハウ集

top > アパートの投資情報 > 残された家族に対する保険になるアパートの投資

残された家族に対する保険になるアパートの投資

 アパート物件に投資するメリットの1つは、家賃収入です。
そもそも給料による収入は、必ずしも十分であるとは限りません。
給料が安くて悩んでいる方も多いですが、物件投資をすれば、家賃収入を得る事もできます。
ですから本業の収入を補う為に、物件投資している方々も多いです。
しかし、メリットはそれだけではありません。
家族に対するメリットもあります。
例えばAさんは会社で働いていて、家族であるBさんやCさんを養っている状況です。
ところがAさんに対して、万が一の事態もあり得る訳です。
Aさんが急病になってしまえば、働けなくなってしまいます。
それではBさんやCさんを養う事も難しくなるので、不安を抱えている方々も多いです。
しかしアパートに投資すれば、たとえAさんに万が一の事があっても、BさんとCさんは問題なく生活できるケースもあります。

 Aさんがアパートに投資するなら、まず物件を購入する必要があります。
ただ物件の価格は少々高めで、一括払いで支払うのが難しい時には、住宅ローンを組むのが一般的です。
住宅ローンを組むなら、Aさんとしては生命保険に加入する事になります。
というのも住宅ローンの会社としては、万が一の事態を懸念しているからです。
Aさんに万が一の事態が起きると、お金を返すのも難しくなりますから、生命保険に加入する事になります。
仮にAさんに万が一の事があっても、保険金はおりる訳です。
つまりローンの残債は、保険金によって精算される事になります。
BさんとCさんがローンを支払い続ける訳ではありません。
つまりBさんとCさんは、完済済みのアパートを持てるようになる訳です。
それは物件投資のメリットの1つです。

 それとBさんとCさんに対する収入源のメリットもあります。
Aさんに万が一の事があれば、給料の収入は入ってきません。
それではBさんとCさんは困ってしまいます。
しかしアパートに投資しているなら話は別です。
一旦はアパートを買って、そこに誰かが居住している状態なら、家賃収入は入ってきます。
仮にAさんに万が一の事があっても、BさんとCさんには家賃収入が入る状態になる訳です。
ですからBさんとCさんに対する収入は、完全に途絶えてしまう訳ではありません。
しかも残されたBさんとCさんは、アパートという資産を持てる訳です。
それは物件投資のメリットの1つです。
すなわち物件に投資するのは、生命保険代わりになる訳です。
ですから自分の家族の事を考えている方々は、しばしばアパートへの投資を検討しています。

次の記事へ

TOPへ